巻方向

巻き方向は、端末を起点として時計回りに巻かれていれば右巻、逆回転なら左巻となります。(ばねを立ててみて右上がりのものを右巻、左上がりのものを左巻と言えます。
特に指定のない場合は右巻となります。




巻数(圧縮コイルばねの場合)


  • 有効巻数は、ばねとして作用する巻のことで、ばね定数の計算に用いる巻数。
  • 座巻数は、両端の平らに見える部分のことで、ばねとして作用しない巻数。
  • 総巻数は、巻かれた端から端までのすべての巻数のこと。


総巻数=有効巻数+両端の座巻数

TRYspringでは、両端の座巻は1巻で、有効巻数+2が総巻数になります。
※写真の場合、有効巻数5、総巻数7となります。


材質


一般的にステンレス線とピアノ線が使用されます。
ステンレス線は、錆および耐熱にすぐれていますが、ピアノ線に比べ強度が落ち、高価です。
ピアノ線は、鉄に近く安価ですが錆やすいので、メッキや防錆油をしようします。


TRYspringでは…

  • SUS偏:ステンレス線(SUS304WPB)
  • SWP偏:ピアノ線(SWPA)

バネ定数


ばねに単位の変形(たわみ又はワタミ角)を与えるのに必要な力又はモーメント
圧縮コイルばねでは、1mm圧縮したときの力

たわみ

ばねに荷重を加えたときに変化する量。

荷重

ばねを外力よりたわました時に発生する反発力。
圧縮コイルばねのとき、荷重=バネ定数×たわみ

へたり

へたりとは、許容応力以上の応力によって生じたばねの永久変形。
圧縮コイルばねおよび引張コイルばねの許容応力は、ばねの許容ねじり応力を超えないことが望ましく、使用時の最大応力は80%以下にするのがよい。

degとrad

ねじりコイルばねの於いて角度の表記で、deg(デグリ)又はrad(ラジアン)を使います。deg(度)とは日常でもよく使われる1周を角を360と定めた単位で、radとは1周の角を2πと定めた単位です。
 
換算式:deg(度)=rad×(180 / π)
rad=deg(度)×(π / 180)
1rad=約57.3°(deg)

ねじりばねの案内棒の選択

ばねを巻き込む方向にねじるとコイルの直径が減少するので、案内棒の直径(Ds)は、最大使用時のコイル内径(Di-△D)の約90%にとるのが望ましい。
 
△D =φmax×D / (2πN) ・・・radの時
=φdmax×D /(360N) ・・・degの時
Ds =0.9(Di-△D) ・・・案内棒の直径
 
ここに、φmax、φdmaxは、最大ねじれ角である。


  • お買い物ガイド
  • カートを見る

ばねを検索中です。しばらくお待ちください。 表示に時間が掛かる場合は、前のページに戻って条件をさらに絞り込み再度検索し直してください。